「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

世界アルツハイマーデー福知山城オレンジライトアップに合わせた街頭啓発

2015年09月21日
中丹西
 世界アルツハイマーデー(※)の一環として、平成27年9月21日(月・祝)午後6時15分から、福知山城を認知症支援のオレンジ色にライトアップしました。
 また、フレスポ福知山において12名のつなげ隊員が認知症リーフレットやオレンジ色の花の種など様々な啓発グッズを配布し、認知症の正しい知識の理解に向けて街頭啓発を行いました。
 若い方にもお声かけができ、認知症のことを考えてもらうきっかけになりました。

 ※世界アルツハイマーデーとは、1994年にスコットランドで開催された第10回国際アルツハイマー病国際会議を機に、アルツハイマー病等に関する認識を深め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的として、国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)が共同で制定したものです。
 会議初日であった9月21日を「世界アルツハイマーデー」とし、例年、この日を中心に世界各国でアルツハイマー病に関する啓発活動が実施されています。

*啓発活動の様子
dscf0358.jpg

*福知山城オレンジライトアップの様子
dsc02997.jpg

 
PDF ダウンロード
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
クリアホルダー.jpg
2019年01月26日
丹後
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構

↑ページトップに戻る