「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

笠置町 鍋-1グランプリで認知症啓発活動を実施しました。

2016年12月04日
山城南
【日時】平成28年12月4日(日) 9時30分~15時30分
【場所】笠置町わかさぎ温泉笠置いこいの館前広場
【イベント名】 第7回全国ご当地鍋フェスタ 鍋-1グランプリ

 認知症啓発グッズ200部・啓発ティッシュ500個配布
 認知症についてのアンケート 200名実施

 笠置町で年1回冬に開催される鍋ー1グランプリにて笠置町の協力のもと、
 認知症啓発特設ブースを設置しました。
 
★p1010880.jpg

 



 当日は、鍋がおいしく食べれる大変寒い中での活動になりましが、
 今回も簡単なアンケートを実施させていただき、
 小学生から80歳代までのたくさんの方々にお声かけをさせていただきました。
 少しずつですが、一般の方の中からも〝認知症の方には優しい気持ちで
 接するように心がけてます〟〝地域での見守りが大切だと思います〟等の
 声が上がってきていることにうれしい気持ちになりました。
 しかし、まだまだ〝認知症〟という言葉くらいしか知らないという方も
 たくさんいらっしゃり、日頃の啓発活動の重要性を再確認しました。
 また、笠置町包括支援センターの協力を得、もの忘れ相談プログラム体験コーナー
 の設置もしました。約5名の方が体験実施をされました。

 

 
 
 
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
p1080829.jpg
2019年06月21日
南丹
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構

↑ページトップに戻る