「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

第5回福祉まつり(京丹波町)での啓発活動

2016年10月30日
南丹
【実施日】平成28年10月30日(日)
【つなげ隊】山崎由樹、山内峰子、西村正代、保田美生(保健所1名)
【場所】山村開発センターみずほ
【配布物・数】エコバッグ・チラシ・小冊子・若年性リーフレット 各65部
       ティッシュ 265個
【啓発ブース】認知症クイズ60名
【啓発展示】つなげ隊紹介、平成27年度の活動紹介パネルの設置
【感想】山崎由樹
 小さなお子さんから年配の方まで幅広い年代の方の参加がありました。また各コーナーを回っていただけるようにスタンプラリーを実施していたため、つなげ隊ブースにも多くの方が来てくださいました。
 当日ご協力いただいた隊員の皆さんが、啓発物品をただ配布するのではなく、ひとりひとり丁寧に声を掛けられ、説明されていた姿が印象的でした。
 啓発物品が無くなった後は活動を紹介する展示品があったので良かったのですが、やはりブースを設けているからには認知症クイズ等の配布物がある方が効果があったと思います。
 
京丹波福祉まつり1.jpg

京丹波福祉まつり2.jpg
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 企業との連携
    • 異業種連携
    • リポート企業
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る