「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

地域ふれあい教室にて

2022年07月25日
南丹
【報告】つなげ隊員 友遊の輪 森きぬ子さん

地域包括職員による「脱水症」講義後、ふれあい教室の会長が、南丹市社協令和4年度9月アルツハイマー月間に向けてのオレンジガーデニングプロジェクト『オレンジの花で彩りを』の説明をされました。
 その後、認知症啓発グッズ(歯ブラシ・うちわ等)を配布し、オレンジロードつなげ隊員、認知症サポーターなどの説明を行いました。
「すべてのグッズの色がオレンジ色?」「歯ブラシはなんの関係??」と参加者の皆さんは訝しげな表情をされていました。
「オレンジ色は認知症のシンボルカラーで、認知症サポーターの目印『オレンジリング』からきています。また、歯科医師の講義で、『歯を大切にすることは認知症予防につながる』との話があり啓発グッズに歯ブラシが加わった」ことを説明すると納得されていました。
うちわも早速使用され、「暑い間はふれあいに持ってくる」と好評でした。
 このふれあい教室は月2回開催され、会場である2階まで、杖をつきながら、手すりをしっかり持ちながら、足の痛みを訴えながら、マッサージに通いながらも高齢者の皆さんが参加されています。教室のお手伝い、運転ボランティアの方が送迎をされるなど、住民自らが役割を持ち、開催されている高齢者のみなさんの素晴らしい居場所です。
○ふれあい.jpg
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
○ふれあい.jpg
2022年07月25日
南丹
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 異業種連携
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る