「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

桐の庄郷振興会ふれあい広場での啓発活動!

2021年07月19日
南丹
ブログ図1.png

【報告】つなげ隊員 森きぬ子さん

「ひとつの区では出来なくても6つの区が協力すれば出来ることがある」と、令和3年4月に地域住民のボランティアで運営する「桐の庄郷振興会」が設立されました。
7月には65才以上の高齢者の交流の場として、通いの場「ふれあい広場」が介護予防支援D事業として加えられました。ふれあい広場は、高齢者が介護状態を遅らせるために、健康チェック・体操などで交流する場所です。

7月19日は、皆さん手話に戸惑いながら、笑いながら「世界にひとつだけの花」の体操をされていました。その後、"認知症かも、、、"のチラシやグッズの配布、クイズも行い、認知症への理解を深めていただきました。
クイズの中の、「高齢者や認知症になったら施設に入ればよい」の設問には皆さん"✕"。ある人が「地域で支えあう」と言われると、皆さんうなずいておられました。

私はすごく感動するとともに、住民(6区の一人)として出来ることをお手伝いしていこうと思いました。

今回、ふれあい広場にRUN伴のウエアを着て行きました。暑かったけれど、これからも着て行こうと思っています。

啓発グッズ:チラシ、ティッシュ、ボールペンなど
啓発人数:27名

桐の庄郷振興会ふれあい広場.jpg
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 異業種連携
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る