「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

☆「第32回市民福祉のつどい」にて啓発活動しました☆

2019年10月27日
南丹
2019年10月27日(日)に亀岡市の「ガレリアかめおか」にて開催された「第32回市民福祉のつどい」で、啓発活動をしました。
dsc_0073.jpg

ブースでは、おしぼりで「ワンちゃん」作りや「アンケート」「クイズ」を行いました。
ワンちゃん作りは子どもの参加が多く、親子で一緒に楽しみながら作成されていました。
ワンちゃんを作るためにブースに寄っていただいたことで、日頃認知症について関心が無かった方にも、少しは認知症について考えていただけるきっかけになったのではないかと思います。
「家族がなってしまったら・・・」と不安に感じていた方や、「相談先がわからない」といった方にも、相談先があることを知っていただける機会になりよかったです。
一緒に作業をしていくことで、お互いに話しやすく感じました。
福祉のつどい令和1.jpg


◇「アンケート」「クイズ」回答者数:39名
   回答は昨年よりも、若年層の方が多かったです。
    ☆30代~40代・・・21名  ☆50代~60代・・・9名  ☆70代以上・・・9名
◇おしぼり「ワンちゃん」作り参加者:55名
◇啓発グッズ:ティッシュ、小冊子、エコバッグ、など
◇つなげ隊隊員:3名
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 異業種連携
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る