「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「オレンジロードつなげ隊」地域の取組報告ブログ内詳細

園部町民生児童委員高齢者部会の研修に参加し、認知症啓発グッズの配布しました 

2022年08月28日
南丹
【報告】 つなげ隊員 友遊の輪 森きぬ子さん

8月28日、南丹市役所4号庁舎で開催された「園部町民生児童委員高齢者部会の研修に参加しました。
部長の挨拶の後、地域包括職員より虐待(特に認知症高齢者)に関しての講義を受けました。
委員が日頃の活動の中で実際に遭遇した事例として「ある息子は、今まで何でもできた親が認知症になり、戸惑い、自分の親が認知症であることを認めたくないという気持ちから、親に対して声を荒げてしまう。それが高じて虐待となっていたが、息子はそれを解っていなかった。」という話がありました。その話の後「虐待を防ぎ、認知症を理解してもらうために我々はどのような人に、どのように働きかけることが必要なのか」を全員で話し合いました。

その後、参加者に向けて、『9月6日開催の園部町ふれあい委員等、合同ブロック会議で行われる「認知症サポーター養成講座」を受講して認知症サポーターになっていただけると嬉しいです』と呼びかけ、啓発グッズを配布しました。
○研修の様子.jpg

  
オレンジロードつなげ隊
オレンジロードつなげ隊とは、認知症の正しい理解と支援を推進するために結成されたボランティアの啓発部隊です。街頭啓発や講演会の開催など、府保健所単位で、それぞれの地域特性に応じた活動を展開しています。
最新の記事
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 企業との連携
    • 異業種連携
    • リポート企業
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る