「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

京都府・機構の取組報告ブログ内詳細

世界アルツハイマーデーに合わせてライトアップ等を行いました

2018年09月21日
9月21日は、世界アルツハイマーデーです。

これは、国際アルツハイマー病協会(ADI)が定めたもので、各地で認知症に関する啓発活動が展開されており、今年で25回目を迎えました。

京都府でも、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らせる京都を目指して、地域の皆さんに認知症について正しく理解いただくために、府保健所単位で設置している「オレンジロードつなげ隊」等による街頭啓発が各地で実施されました。



更には、京都タワーや京都府庁旧本館を認知症啓発のテーマカラーであるオレンジ色※にライトアップしました。
写真1.jpg


公益社団法人認知症の人と家族の会とともに行った京都タワー前の啓発活動では、京都タワーのたわわちゃんも応援に駆けつけ、記念撮影をする人々で賑わいました。
p9213975.jpg


また、認知症の人と家族の会では、25回目の世界アルツハイマーデーを記念し、「認知症メモリーウォーク・きょうと」を開催し、参加者はオレンジ色のTシャツや帽子を身につけ、京都府庁から京都市役所前までの約2.2キロの道のりを歩きました。
dsc_4402.jpg

認知症の人にやさしいまちづくりの推進のためには、地域のひとりひとりが認知症を正しく理解し見守ることが不可欠です。 今後とも、地域で認知症を支える機運を高めるため、 啓発活動を継続していく予定としていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※オレンジ色の由来
江戸時代の陶工・酒井田柿右衛門が、夕日に映える柿の実の色からインスピレーションを得て作りだした赤絵磁器。世界的な名声を誇るこの磁器のように、認知症への理解が広まってほしいとの思いでオレンジ色がテーマとされました。
温かさを感じさせるこの色に、「手助けします」との意味をこめたとも言われています。
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構

↑ページトップに戻る