「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

京都府・機構の取組報告ブログ内詳細

認知症高齢者広域見守り模擬訓練(山城南圏域)を実施しました

2017年12月20日
 交通機関を含む広域見守り・捜索ネットワークの構築を目指し、公共交通機関や市町村、警察等と広域模擬訓練を次のとおり実施しました。

◇日時
平成10月31日(水)9時30~15時

◇実施団体
木津川市、精華町、京都府警察(木津署、警察本部)、京都府(山城南保健所・高齢者支援課)

◇参加機関
西日本旅客鉄道(JR)、近畿日本鉄道(近鉄)、奈良交通(バス)、ソフトバンク(※)、奈良県、奈良市
※全国キャラバン・メイト連絡協議会と連携し、今年度認知症高齢者見守り全国ネット「オレンジセーフティネット」を開発。

◇訓練概要
・精華町内事業所による見守り・声かけ訓練
・新たにSOSネットワークに参画した交通機関(※)、奈良県との情報伝達訓練
※JR木津駅、近鉄新田辺駅、奈良交通
・JR木津駅、奈良交通職員によるQRコード読み取り及び通報訓練

今回の訓練を通じ、交通機関からは、「声をかけてしっかりと見守りをしていくことが重要と感じた」、「同様の訓練があれば次回も参加したい」などのお声をいただきました。今回の訓練を通じ、交通機関からは、「声をかけてしっかりと見守りをしていくことが重要と感じた」、「同様の訓練があれば次回も参加したい」などのお声をいただきました。
また、情報伝達訓練においても、「関係機関とのスムーズな情報共有につながると感じた」、「定期的に訓練を実施することが大切」などの御意見をいただきました。

img_0140.jpg

(精華町内事業所での見守り・声かけ訓練の様子)
img_0167.jpg

(駅員による声かけ訓練の様子)
img_0202.jpg

(バス運転手による声かけ訓練の様子)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 京都地域包括ケア推進機構
    • ホームページ
    • オレンジプラン
  • 京都府の取り組み
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • リンク集
    • 京都府
    • 市町村
    • 関係団体

↑ページトップに戻る