「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

京都府・機構の取組報告ブログ内詳細

令和2年度第1回京都府市町村認知症施策連絡会

2021年03月02日
 京都府では、地域資源との連携・協議のあり方等に関して、他の自治体の担当者等との情報。意見交換を通じ、具体的な事業展開に繋げることを目的とし、府内氏町村職員等を対象とした連絡会を開催しています。
 今年度の本連絡会は「チームオレンジ」をテーマとして、府内の市町村認知症施策担当者等を対象に開催しました。

1 日 時  令和3年3月2日(火)
2 場 所  オンライン会議(Zoom)
3 参加者  65名(うち認知症地域支援推進員 27名、保健所14名)
4 内 容
 (1)オリエンテーション
 (2)情報共有・報告
   京都府より「国と府の認知症施策について」及び「令和3年度認知症総合対策事業(当初予算
   案)」について報告
 (3)情報提供「高齢者の交通事故抑止総合対策について」
   京都府警察本部交通安全企画課より情報提供
 (4)情報提供「チームオレンジの概要」
   京都府高齢者支援課より「チームオレンジの概要」について報告
 (5)講義「チームオレンジ安堵 活動報告」
   奈良県安堵町地域包括支援センターの辻百合氏及びチームオレンジ安堵の沖野光治代表
   より、チームオレンジの先進事例について講義
 (6)グループワーク
   各市町村毎にワークシートに取組み、その後共有を行った
5 成 果
(1)グループワークの結果
(2)アンケート結果(抜粋)
 〈得られた成果〉
  ・安堵町のお話を聞き、チームオレンジについて具体的イメージできるようになった
  ・拠点を持たないなど、予想していたより柔軟な活動ができそうで視野が広がった
  ・まず確りと目的を定めて始めないと、既存のものに当てはめるだけになってしまう気がする
 〈オンラインでの実施〉
  ・会場への移動時間がなくなり助かった。今後もこの形式で続けてもらいたい
  ・他市町村と直接交流(顔を合わせて言葉を交わす)ができなかったことが残念
  ・講義はいいが、グループワークで音が聞こえないなどトラブルが発生した
 〈その他〉
  ・チームオレンジを実践している市町村(団体)の話をもっと沢山聞きたい
  ・チーム設置までに府と市のスケジュールのすりあわせが必要と感じる
  ・市町村内での話はできたので、次は他の市町村との情報交換ができれば
京都府からのお知らせ
京都府からのお知らせや「きょうと認知症あんしんナビ」サイトを運営している京都地域包括ケア推進機構からの取り組み報告をブログ形式で公表しています。皆様の支援活動にお役立てください。
最新の記事
アーカイブ
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 異業種連携
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る