「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

「認知症とともに生きる」活動詳細

当事者参加型開発モデルの構築に向けた「買い物・小売」に関するワークショップ

2021年12月09日
京都府高齢者支援課
京都市中京区西ノ京東栂尾町6
認知症にやさしい異業種連携協議会では、多様な認知症当事者の声を聴きながら、認知症になっても買い物が楽しめる環境づくりを目指して、
商品・サービス開発を目指して、京都高齢者あんしんサポート企業や認知症にやさしい異業種連携協議会の参画企業のみなさんとワークショップを実施しています。

12月9日の第1回ワークショップでは、若年性認知症の当事者から、スーパーなど店舗での買い物や移動、通販の利用、お金の管理などに関して、困り事や希望、工夫していることについて詳しくお聞きし、
当事者の声をヒントに、企業として何ができそうかについて考えました。

次回は、1月にデイサービスを利用する当事者との座談会を開催する予定です。

211209_1s.jpg

211209当事者のお話s.jpg

211209_3s.jpg
認知症とともに生きる
認知症になっても地域でいきいきと活躍される当事者の情報を発信し、認知症に対するポジティブなイメージの浸透を図ります。認知症のご本人やご家族がどのような世界を生きておられるのかを理解し、私たち一人ひとりが「自分ごと」として認知症とともに生きていく活動をご報告します。
最新の記事
アーカイブ
地域(圏域)
  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 異業種連携
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る