「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

認知症カフェ詳細

みんなのカフェ まごころ城陽

開催会場 ケアセンターまごころ城陽二階 地域交流室
運営団体名 マイクロ株式会社 ケアセンターまごころ城陽
カフェ連絡会会員 ×
圏域 山城北
地域(市区町村名) 城陽市
郵便番号 610-0111
所在地 城陽市富野南清水68番6
開催日 毎月第3木曜日
開催時間 13:30~15:00
対象者 本人・家族
一般住民
カフェの特色 情報提供 老々介護されている方がご夫婦で来られたり、遠方に住んでいる親が心配で相談に来られたりされる。又、まだ自立だが、今後の事を考えて来られる方もおられる。その際相談がある。
社会参加(本人) 本人が楽しめるような場として、イベントを企画している。
社会参加(若年本人) ×
社会参加(一般住民)
家族支援 実際に親の介護で相談がある方が来られ、カフェを通して相談の時間をとらせて頂いてます。
ピアサポート 毎回ではありませんが、少人数(5人くらい)での自宅での介護相談や、親の心配事を相談を交えて交流ができている時もあります。
医療初期対応 ×
参加料 300円
コーヒーとおやつ代
参加方法 事前申込 × 事前申し込みされても良いが、当日参加でも大丈夫です。
当日参加
連絡先 グループホーム まごころ城陽 大橋
電話番号 0774-54-8630
送迎の有無 無し
駐車場の有無 有り 2~3台 施設前には1台しか駐車できないが、少し離れたところに数台分の駐車場所を確保してあります。
その他 ・コーヒーは一杯一杯、会社のカフェスタッフがハンドドリップしており、毎回違う種類のコーヒーを提供。 ・カフェは三部構成①月替わりイベント②NPO法人認知症予防ネット理事長高林先生による認知症予防教室(スリーA)③介護相談 ・定員20名の少人数制の為、施設職員との距離感が近く、相談事があればいつでもできます。 ・カフェには必ずケアマネージャーが出席しています。 (課題) ・イベントの内容、それに伴うボランティア様を探すのが大変。 ・カフェは認知症の早期発見を目的としているので、地域の病院の先生にもこのような活動がひろまり、運営側に先生が参加して頂ければ心強いと思います。 ・みんなのカフェ周知方法と参加して頂く為の方法を模索中です。チラシを配ったり、市の広報にも載ってますが参加人数は少なめです

地図
プリント | リストにもどる
プリント
認知症の人と家族が、住み慣れた京都で安心して暮らしつづけるために。
きょうと認知症あんしんナビ

認知症カフェ詳細

h2_bg580.png

みんなのカフェ まごころ城陽

開催会場 ケアセンターまごころ城陽二階 地域交流室
運営団体名 マイクロ株式会社 ケアセンターまごころ城陽
カフェ連絡会会員 ×
圏域 山城北
地域(市区町村名) 城陽市
郵便番号 610-0111
所在地 城陽市富野南清水68番6
開催日 毎月第3木曜日
開催時間 13:30~15:00
対象者 本人・家族
一般住民
カフェの特色 情報提供 老々介護されている方がご夫婦で来られたり、遠方に住んでいる親が心配で相談に来られたりされる。又、まだ自立だが、今後の事を考えて来られる方もおられる。その際相談がある。
社会参加(本人) 本人が楽しめるような場として、イベントを企画している。
社会参加(若年本人) ×
社会参加(一般住民)
家族支援 実際に親の介護で相談がある方が来られ、カフェを通して相談の時間をとらせて頂いてます。
ピアサポート 毎回ではありませんが、少人数(5人くらい)での自宅での介護相談や、親の心配事を相談を交えて交流ができている時もあります。
医療初期対応 ×
参加料 300円
コーヒーとおやつ代
参加方法 事前申込 × 事前申し込みされても良いが、当日参加でも大丈夫です。
当日参加
連絡先 グループホーム まごころ城陽 大橋
電話番号 0774-54-8630
送迎の有無 無し
駐車場の有無 有り 2~3台 施設前には1台しか駐車できないが、少し離れたところに数台分の駐車場所を確保してあります。
その他 ・コーヒーは一杯一杯、会社のカフェスタッフがハンドドリップしており、毎回違う種類のコーヒーを提供。 ・カフェは三部構成①月替わりイベント②NPO法人認知症予防ネット理事長高林先生による認知症予防教室(スリーA)③介護相談 ・定員20名の少人数制の為、施設職員との距離感が近く、相談事があればいつでもできます。 ・カフェには必ずケアマネージャーが出席しています。 (課題) ・イベントの内容、それに伴うボランティア様を探すのが大変。 ・カフェは認知症の早期発見を目的としているので、地域の病院の先生にもこのような活動がひろまり、運営側に先生が参加して頂ければ心強いと思います。 ・みんなのカフェ周知方法と参加して頂く為の方法を模索中です。チラシを配ったり、市の広報にも載ってますが参加人数は少なめです

地図 detailmap01
Copyright © 2019 京都地域包括ケア推進機構 All rights reserved.
↑ページトップに戻る