「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

認知症カフェ詳細

はままちカフェ

開催会場 宮津市福祉・教育総合プラザ 4階 第5コミュニティルーム
運営団体名 宮津市
カフェ連絡会会員 ×
圏域 丹後
地域(市区町村名) 宮津市
郵便番号 626-8501
所在地 宮津市字浜町3012番地
開催日 第3木曜日
開催時間 13:30~15:30
対象者 本人・家族
一般住民 ×
カフェの特色 情報提供 話の中で本人や、家族からの疑問があれば、情報提供を行う。
社会参加(本人) 特に開催メニューは決めていないが、本人のやりたいことを一緒にしていく予定である。
社会参加(若年本人) 60代の参加あり。今のところ若年性認知症の方の参加はないが。少人数であるため個別での対応は可能。
社会参加(一般住民) ×
家族支援 認知症の人と家族の会の会員にも協力を依頼しており、カフェに参加していただいている。家族目線の助言ができる。
ピアサポート 参加人数にもよるが、介護者と認知症の当事者を分けて話をしていただいている。スタッフが間に入り参加者の発言を促す。
医療初期対応 スタッフに北部医療センター精神科の相談員を配置しているため、物忘れ外来、精神科等の相談も可能。
参加料 200円
茶菓
参加方法 事前申込 以下の連絡先に電話連絡
当日参加 ×
連絡先 宮津市地域包括支援センター
電話番号 0772-45-1620
送迎の有無 無し
駐車場の有無 有り 制限なし
その他 スタッフは包括支援センターの職員、北部医療センター精神科相談員、認知症の人と家族の会の会員で構成しており、専門職、家族の目線から助言できるような体制をとった。参加者に配慮して大々的な広報はせず、関係者(施設、ケアマネ、認知症疾患医療センター)のみに広報し、気になる方の紹介していただく形を取ったため、スタッフが事前に参加者の悩みや現状を把握し、支援の方向性を検討することができた。その反面、対象者抽出が難しい。                         

地図
プリント | リストにもどる
プリント
認知症の人と家族が、住み慣れた京都で安心して暮らしつづけるために。
きょうと認知症あんしんナビ

認知症カフェ詳細

h2_bg580.png

はままちカフェ

開催会場 宮津市福祉・教育総合プラザ 4階 第5コミュニティルーム
運営団体名 宮津市
カフェ連絡会会員 ×
圏域 丹後
地域(市区町村名) 宮津市
郵便番号 626-8501
所在地 宮津市字浜町3012番地
開催日 第3木曜日
開催時間 13:30~15:30
対象者 本人・家族
一般住民 ×
カフェの特色 情報提供 話の中で本人や、家族からの疑問があれば、情報提供を行う。
社会参加(本人) 特に開催メニューは決めていないが、本人のやりたいことを一緒にしていく予定である。
社会参加(若年本人) 60代の参加あり。今のところ若年性認知症の方の参加はないが。少人数であるため個別での対応は可能。
社会参加(一般住民) ×
家族支援 認知症の人と家族の会の会員にも協力を依頼しており、カフェに参加していただいている。家族目線の助言ができる。
ピアサポート 参加人数にもよるが、介護者と認知症の当事者を分けて話をしていただいている。スタッフが間に入り参加者の発言を促す。
医療初期対応 スタッフに北部医療センター精神科の相談員を配置しているため、物忘れ外来、精神科等の相談も可能。
参加料 200円
茶菓
参加方法 事前申込 以下の連絡先に電話連絡
当日参加 ×
連絡先 宮津市地域包括支援センター
電話番号 0772-45-1620
送迎の有無 無し
駐車場の有無 有り 制限なし
その他 スタッフは包括支援センターの職員、北部医療センター精神科相談員、認知症の人と家族の会の会員で構成しており、専門職、家族の目線から助言できるような体制をとった。参加者に配慮して大々的な広報はせず、関係者(施設、ケアマネ、認知症疾患医療センター)のみに広報し、気になる方の紹介していただく形を取ったため、スタッフが事前に参加者の悩みや現状を把握し、支援の方向性を検討することができた。その反面、対象者抽出が難しい。                         

地図 detailmap01
Copyright © 2019 京都地域包括ケア推進機構 All rights reserved.
↑ページトップに戻る