「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームとは

市町村が設置する機関で、医師(認知症サポート医)と医療・介護の専門職(保健師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士等)で構成され、認知症の早期発見と早期対応を目指して活動する認知症の専門チームです。

 

認知症初期集中支援チームの役割

認知症の疑いがある方(認知症のある方)のご自宅を訪問し、心配ごとや困っていることをお聴きして、認知症の有無の確認や今後の対応について、ご本人やご家族と一緒に考えます。また、必要があれば、認知症対応の医療機関のご紹介や介護保険サービスに係る利用支援や情報提供等を行います。

 

対象になる方

在宅で生活されている40歳以上の方で、認知症の疑いのある方、認知症の診断を受けている方で、かつ、次の①②に該当する方です。
①適切な医療サービスや介護サービスを受けていない方、またはサービスの利用を
 中断している方
②医療サービスや介護サービスを受けているが、認知症の症状が悪化し対応に悩ん
 でいる方

 

認知症初期集中支援チーム支援フロー
(画像をクリックするとPDFで拡大できます)



 

お問い合わせ先

府内認知症初期集中支援チーム窓口一覧

↑ページトップに戻る