「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

認知症対応力向上研修受講者(医療関係者)

かかりつけ医認知症対応力向上研修とは

「かかりつけ医認知症対応力向上研修」は、高齢者が日頃より受診する診療所等の主治医(かかりつけ医)が、適切な認知症の知識・技術や本人・家族からの話や悩みを聞く姿勢を習得するための研修です。
この研修を修了した医師は、認知症に関しての必要な知識をもち、日常
診療の中で府民の医療相談に応じる窓口となり、認知症の方やその疑いのある方の日頃の継続的な診療だけでなく、地域包括支援センター等の活動や、地域での認知症対策にご協力されています。

かかりつけ医認知症対応力向上研修修了医師一覧
京都市の「かかりつけ医認知症対応力向上研修」修了者名簿 新規で開きます(京都市ホームページ)

京都市以外の「かかりつけ医認知症対応力向上研修」修了者名簿 新規で開きます (PDF 128KB)

 

歯科医師認知症対応力向上研修とは

高齢者が受診する歯科医師が、認知症の疑いのある人に早期に気づき、かかりつけ医等と連携して対応するための知識や,その後の適切な歯科治療や口腔管理の方法を習得するための研修です。
研修を修了した歯科医師には、地域での認知症の人への支援の担い手となることが期待されます。

歯科医師認知症対応力向上研修修了者(歯科医院)一覧
(※資料調整中)

 

薬剤師認知症対応力向上研修とは

薬剤師が、認知症の疑いのある人に早期に気づき、かかりつけ医等と連携して対応するための知識や、その後の適切な薬学的管理の方法を習得するための研修です。
研修を修了した薬剤師には、地域での認知症の人への支援の担い手となることが期待されます。

薬剤師認知症対応力向上研修修了者(薬局)一覧
(※資料調整中)

↑ページトップに戻る