「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

お知らせ一覧

2022年2月3日
event_aicon.png 「記憶とつなぐ ある写真家の物語」

若年性認知症とは65歳未満で発症する認知症のことです。
京都府では、若年性認知症の方のその持てる能力を発揮して活動する姿を伝え、他の当事者の社会参加の促進や意欲喚起を目指すと共に、府民や企業の皆まさに若年性認知症の方の社会参加への理解を促進するため、イベントを開催します。
是非ご来場ください。

日時:
2022年3月15日(火)~20日(日)
10:00~17:00(最終日(20日)は16:00まで)※入場は30分前まで

会場:
京都市京セラ美術館  本館北回廊1階(京都市左京区岡崎円勝寺町124)

内容:
①写真展
若年性認知症当事者で写真家としても活動されている下坂厚さんの認知症発症前から現在までの写真を展示し、写真表現や活動の変遷などを通じてひとりの若年性認知症の当事者の生き方をご紹介します。

<ギャラリートーク>
3月18日(金)14:00~15:00 下坂厚氏×松村和彦氏(京都新聞 編集局写真部 記者)
3月19日(土)14:00~15:00 下坂厚氏×南博史氏(京都外国語大学 教授)

※各日 定員30名
※下記の専用申し込みフォームにより、お申込みください(締め切り3/11)
https://www.kyoto-houkatucare.org/gallery-talk/

②若年性認知症啓発コーナー
・認知症の方の就労・社会参加を支援するsitteプロジェクト(西院デイサービス)や作業工房ほうおう
(京都認知症総合センター)の取組紹介
・映像コーナー

【サイドイベント】「認知症の方のはたらくを考える」
企業に向けて、認知症の方の就労・社会参加の現状などを伝え、協力者を募るイベントを開催します。

日時:令和4年3月18日(金) 15:00~16:00
会場:京都市京セラ美術館
主催:綜合警備保障株式会社
※詳細は、きょうと認知症あんしんナビをご覧ください。
https://www.kyoto-ninchisho.org/?page_id=1405&id=671
実施主体:
主催:京都府
共催:社会福祉法人京都福祉サービス協会、社会福祉法人京都悠仁福祉会京都認知症総合センター、認知症にやさしい異業種連携協議会
協力:南博史(京都外国語大学教授) 森木礼子(NPO法人フィールドワークミュージアム文化研究所)

お問い合わせ先:
京都府健康福祉部高齢者支援課地域包括ケア推進係
TEL:075-822-3562 FAX:075-822-3574
houkatu5@pref.kyoto.lg.jp

その他:
新型コロナウィルスの感染拡大状況により、中止又は開催内容を変更する場合がございます。
最新情報は、下記の京都府ホームページ「記憶とつなぐ~ある写真家の物語」にてご確認ください 。
http://www.pref.kyoto.jp/kourei-engo/news/03kioku.html

記憶とつなぐある写真家の物語チラシ

  • 京都府認知症コールセンター
  • 認知症カフェ
  • 成年後見制度
  • 用語集
    • 介護に関する用語集
    • 医療に関する用語集
    • 高齢者福祉に関する用語集
  • 市町村の認知症対策
  • リンク集
    • 京都地域包括ケア推進機構
  • 企業との連携
    • 異業種連携
    • リポート企業
  • 認知症本人・家族教室

↑ページトップに戻る