「認知症かな?」と思った人へ セルフチェックシート 認知症疾患医療センター 京都府認知症コールセンター 地域包括支援センター

認知症カフェ詳細

Reos槇島(宇治市内全域)

開催会場 Reos槙島
運営団体名 社会福祉法人宇治明星園
カフェ連絡会会員 ×
圏域 山城北
地域(市区町村名) 宇治市
郵便番号 611-0041
所在地 宇治市槇島町十一173-1
開催日 毎月第2日曜
開催時間 14:00~15:30
対象者 本人・家族
一般住民
カフェの特色 情報提供 第1部をミニ講演とし、認知症を正しく理解いただくための講話や、認知症当事者による講話、認知症施策等の情報提供を行う。また、地域包括支援センター職員等の専門職が常駐し、相談、質問に答える中で情報提供を行う。                     
社会参加(本人) 第1部のミニ講演の中で当事者自らに語っていただく場を設けたり、参加者各々の得意なこと(生け花、楽器演奏、歌)等を披露していただく場を設けている。また、カフェの手伝い(配膳など)などを希望される方にはそうした役割で参加していただいている。
社会参加(若年本人) 第1部のミニ講演の中で当事者自らに語っていただく場を設けたり、参加者各々の得意なこと(生け花、楽器演奏、歌)等を披露していただく場を設けている。また、カフェの手伝い(配膳など)などを希望される方にはそうした役割で参加していただいている。
社会参加(一般住民) 宇治市が開催する「認知症を正しく理解するための連続講座を全て受講され、地域でボランティアとして認知症の人をサポートする活動を希望する方に「れもねいだー」登録をいただき、カフェの運営に参加を頂いている。また、第2部のミニコンサートで地域の音楽家の方に演奏を
家族支援 第3部の「カフェ・交流タイム」の中で、専門医や専門職が個別相談に応じる他、参加されている家族同士の対話の中で情報交換等を図っている。
ピアサポート 第3部の「カフェ・交流タイム」の中で、本人・家族が相互に交流を図る場面がある。特に診断を受けて間もない参加者は同じ立場の当事者と出会うことで、おおいに励まされたという声も聞く。また、本人・家族双方がカフェでの出会いを通して、カフェ以外の場でも交流を行うよ
医療初期対応 カフェを運営する認知症コーディネーターは初期集中支援チーム員でもあり、相談を受ける中で必要に応じて初期集中支援チームの介入へと繋げることもある。
参加料 300円
参加費用として(茶菓費、資料費用等)
参加方法 事前申込 ×
当日参加
連絡先 北宇治地域包括支援センター
電話番号 0774-21-8123
送迎の有無 無し
駐車場の有無 無し 公共交通機関をご利用ください
その他 宇治市の認知症対応型カフェは「れもんカフェ」の名称で開催しており、宇治市の6つの地域包括圏域毎に開催しています。毎月1回開催しているカフェ(Reos槇島)を中心に、圏域毎に年4回程度の開催となっており、月の2~3ケ所でカフェが開催されています。このため、開催日、場所については事前に連絡先までお問い合わせの上、ご利用下さい。全てのカフェに認知症コーディネーターと圏域の包括支援センター職員が参加しています。

地図
プリント | リストにもどる
プリント
認知症の人と家族が、住み慣れた京都で安心して暮らしつづけるために。
きょうと認知症あんしんナビ

認知症カフェ詳細

h2_bg580.png

Reos槇島(宇治市内全域)

開催会場 Reos槙島
運営団体名 社会福祉法人宇治明星園
カフェ連絡会会員 ×
圏域 山城北
地域(市区町村名) 宇治市
郵便番号 611-0041
所在地 宇治市槇島町十一173-1
開催日 毎月第2日曜
開催時間 14:00~15:30
対象者 本人・家族
一般住民
カフェの特色 情報提供 第1部をミニ講演とし、認知症を正しく理解いただくための講話や、認知症当事者による講話、認知症施策等の情報提供を行う。また、地域包括支援センター職員等の専門職が常駐し、相談、質問に答える中で情報提供を行う。                     
社会参加(本人) 第1部のミニ講演の中で当事者自らに語っていただく場を設けたり、参加者各々の得意なこと(生け花、楽器演奏、歌)等を披露していただく場を設けている。また、カフェの手伝い(配膳など)などを希望される方にはそうした役割で参加していただいている。
社会参加(若年本人) 第1部のミニ講演の中で当事者自らに語っていただく場を設けたり、参加者各々の得意なこと(生け花、楽器演奏、歌)等を披露していただく場を設けている。また、カフェの手伝い(配膳など)などを希望される方にはそうした役割で参加していただいている。
社会参加(一般住民) 宇治市が開催する「認知症を正しく理解するための連続講座を全て受講され、地域でボランティアとして認知症の人をサポートする活動を希望する方に「れもねいだー」登録をいただき、カフェの運営に参加を頂いている。また、第2部のミニコンサートで地域の音楽家の方に演奏を
家族支援 第3部の「カフェ・交流タイム」の中で、専門医や専門職が個別相談に応じる他、参加されている家族同士の対話の中で情報交換等を図っている。
ピアサポート 第3部の「カフェ・交流タイム」の中で、本人・家族が相互に交流を図る場面がある。特に診断を受けて間もない参加者は同じ立場の当事者と出会うことで、おおいに励まされたという声も聞く。また、本人・家族双方がカフェでの出会いを通して、カフェ以外の場でも交流を行うよ
医療初期対応 カフェを運営する認知症コーディネーターは初期集中支援チーム員でもあり、相談を受ける中で必要に応じて初期集中支援チームの介入へと繋げることもある。
参加料 300円
参加費用として(茶菓費、資料費用等)
参加方法 事前申込 ×
当日参加
連絡先 北宇治地域包括支援センター
電話番号 0774-21-8123
送迎の有無 無し
駐車場の有無 無し 公共交通機関をご利用ください
その他 宇治市の認知症対応型カフェは「れもんカフェ」の名称で開催しており、宇治市の6つの地域包括圏域毎に開催しています。毎月1回開催しているカフェ(Reos槇島)を中心に、圏域毎に年4回程度の開催となっており、月の2~3ケ所でカフェが開催されています。このため、開催日、場所については事前に連絡先までお問い合わせの上、ご利用下さい。全てのカフェに認知症コーディネーターと圏域の包括支援センター職員が参加しています。

地図 detailmap01
Copyright © 2019 京都地域包括ケア推進機構 All rights reserved.
↑ページトップに戻る